設計業務の流れ
設計業務の流れは基本的に直接お会いしてから詳しくお伝えしております。
クライアントにより様々なケースがありますので、その都度調整させていただいております。


住宅建築における大まかな流れ
まずはご相談を
当事務所にお越しいただくか現地またはお宅へお伺いします。
そこで、ご予算やご希望の時期、建物に対する想いや不安、なんでもざっくばらんにお話下さい。
提案(プレゼン)をさせていただきます
お会いして話をさせていただき、当事務所の提案を受けてみたいという方には設計監理契約をする前に提案を させていただきます。
提案をさせていただく場合は、現地を調査したり、クライアントのご要望や考えをもう少し詳しく お尋ねいたします。提案資料は一般的に、平面スケッチと模型を用意いたします。
提案後に、当事務所に設計監理を依頼されるかどうかを判断していただきます。
設計監理をご依頼されない場合は、提案料として5万円(税別)をご請求させていただきます。
設計監理契約を結んでいただきます
提案をご覧いただいた上で、当事務所と一緒に家作りをしていきたいと思われたら、設計監理契約を 結んでいただきます。
提案内容が決定案ということではありません。提案をベースに、ご希望に沿うように検討を重ねていきます。
ご成約の場合は、提案料は設計監理料に含みます。
設計監理料について
基本的に延床面積(坪)にて算定しています。

新築の場合:5万円/坪+10万円(確認申請料)+構造設計料(必要な場合)※但し、構造設計料を除いた最低設計監理料120万円 内装の場合(リフォームなど):4万円/坪+10万円(建物の実測などの調査費用)※但し、最低設計監理料100万円

建物規模が極端に大きい場合や小さい場合又は特殊な形状など の場合はその都度ご相談させていただいております。まずはお気軽にご相談下さい。
Copyright copenc All Right Reserved.