所在地:
山口県宇部市小松原2-6-5宇部産業ビル1F
構造・規模:
木造平屋建て
テナント面積:
99平方メートル/29.94坪
設計期間:
12/04~12/05
工事期間:
12/05~12/06
施工:
株式会社山下工務店
什器類:
lool
約30坪とだだっ広い空間で余計な間仕切壁はなく道路に面した壁は床から天井までの一面ガラス張りでした。
オーナーの要望はハワイやアーリーアメリカン、木をふんだんに使った荒々しくも何処か居心地のいいお店。
とは言え、もともとのテナントは事務所っぽい味気ない空間、ガラッとイメージを変えるには・・・
そこで天井を思い切って撤去し躯体を現しにし、敢えてフラットな床から段差のある床組みとし手摺壁や目隠し壁を設けることで、目線の高さでの変化や目線の通る場所と遮る場所をつくることで視覚的変化を与え奥行きのある空間となるように設えました。
また使う材料にも工夫をし、足場板やコンクリートブロック、スレート、杉荒板など一般的な役割とは違う役割を与えることでとっても面白い表状を演出させました。
道路に面していた一面のガラスも必要な部分を窓みたいな設えにし他の部分は思い切って壁で塞ぎました。外部からの目線をゆるやかに遮り内部からは外が見えるようにし視線を気にせずにサービスを受けられる心地良い空間となりました。