所在地:
山口県宇部市中央町1丁目2-24
構造・規模:
木造2階建て1階部分
テナント面積:
32平方メートル/10坪
設計期間:
13/05~13/06
工事期間:
13/07~13/08
大工工事:
ヒロクラフト
電気工事:
三和電機
給排水工事:
幸栄設備
厨房設備:
エコプロジェクト
カウンター材:
清水銘木店
カーテン:
インテリア紅葉
入口ドア:
lool
道路に面した10坪のテナント。今回依頼をいただいたのは女性のバーテンダーさんでした。
バーとしてのカッコ良さ、カッコ良すぎずカッコ良く。そして、女性らしさを感じる優しさ、優しすぎず優しく。
その融合により落ち着き、居心地の良い空間となるように提案させていただきました。
バーの顔となるカウンターには屋久杉の一枚板を使用し、圧倒的な存在感ながらも製材時のノコ目や皮を適度に残した柔らかく優しい感触に仕上げました。
足がしっかり床に届く椅子に腰掛け、カウンター越しに見えるのはバーのカッコ良さとしてのボトル棚。そのボトル棚の向こうにはクライアントの妹さんが描いた素敵な絵が見えます。
また、間接照明と仕上材の色や質感により、柔らかさの中に浮遊感が生まれる空間となるようにしました。
お店に入られた時の「暗さ感」が少し時間が経てば「柔らかい明るさ感」に変わります。
是非、お店に行かれて実感してみて下さい。